頑張らなくても努力も不要?!幸福感を感じる方法~1

スピリチュアル
ヨハネスPlenioUnsplash
スポンサーリンク

こんにちは~☆

前回のお話、ワンネスや一瞥体験の後、どんな変化が起こったのか、

例えば、こんな感じ・・・

  • 「元々本来の自分が至福そのものだった」
  • 安心・安全で大丈夫だった
  • 今まで常識だと思っていたことが、ひっくり返った
  • 実は元々みんな繋がってた、てか共に居た
  • 自分だと思ってたじぶんがいなかった

常識がひっくり返ることばかりでしたが、今回は至福体験後の「元々本来の自分が至福そのものだった」についてお話します。

元々本来の自分が至福そのものだった

出典:skeezeによるPixabayからの画像

ちなみに、みなさんにとっての幸せってなんでしょうか?

ウィキペディアでは、幸福は、”心が満ち足りていること”とのこと。

んーなんか、ばくっとしてますね?

きっとおそらく、みなさんに聞いてみたら、頑張って働いて給料が上がることだったり、
素敵なパートナーと出会って付き合えることになったり、
また、受験生なら志望校に合格できることや、就活中なら第一志望に就職できること?とか、あと宝くじに当たっちゃうなんていうのもあったり?!・・・等々、
幸せかも~と思える状態、現象はきりなくありますね~?

逆を言えば、この様々な状態にならなければ”幸せ”になれない、幸せを感じられないってということなんでしょうか?

うすうすお気づきだと思いますが、なんか違うよね?だって、何かが起きなければ今のままでは幸せではないということですもんね?

人によっては、今目の前にある不満や悩みがないだけで幸せを感じられるかもしれないってこともありそうだし。

私も以前、資格試験や単位を取るためのテストに努力して合格した時、「やった~!」って喜んで幸せな気分に浸ったものです。

でも、それも束の間、また次の作業が待っています。

みんなの感じる幸せも、この、”達成感”や”満足感”てヤツじゃないですか~・・・これは状態や現象で変化するから終わりがなく、永遠にもっともっと追いかけ続けなければなりません。

私に至福体験が起きた時、不思議だったのが、

今日は、何のイベントもないし、誰かに会う楽しみの予定も全くないのに、

「今ココに存在することが至福としか言えない。満たされて溢れるほどの幸福感」

に包まれた時、幸せ、幸福感に条件はいらないんだ!って気づいたんです。もちろん”達成感”や”満足感”も努力も不要です

それどころか、「至福感はみんな標準装備されてるよ~♪」とメッセージまで来てました^^

それからというもの、満たされた感覚がいたるところで感じられて、幸せに努力はいらない、ありのままでいいんじゃん!な感じv

つまり、本質を覆い隠すものがなければ、

ほんのささいな日々の生活の中に幸せを感じる要素がちりばめられているんです。

他人がどう見ようが、自分が満たされた瞬間を感じることが重要ですもんね♡


本質の上に積まれた思考を溶かすエクササイズ

出典:フォトサイモン・レイUnsplash
至福そのものである、本来の自分から離れていると思い込んでいるから、

幸せになるためにまだまだ足りない部分を獲得するために、意識が外に向いたまま大切なハートを置き去りにしている人も多いかもしれませんね?

自分の欠けてる要素を埋める思考が、分厚い層になって、深いところでゆったり待っている至福感に気付けていないのかも。

至福体験後、何回か”プチ幸福体験”がありましたが、ちょっとしたエクササイズでも

プチ体験は経験できます。

体験することで、実は頑張らなくても、努力しなくても本質と常に一緒にいる、という安心感を持つことが出来るんですから、試さない手はないですよん♪

では、その思考を溶かす簡単なエクササイズをやってみましょう!

まず一度目を瞑ってください。

今、頭の中は色んな思考や感情でいっぱいですか?

その思考を1つずつ見て行きます。

ただ眺めるだけ・・・・

ただ観察するだけ・・・

その思考について行かず、

思考を止めずに、

ただ見ていると消えて行きます。

また、考えや感情が出てきたら同じように見て行く・・・

これを繰り返していくと思考や感情が消えて、

ふんわりした(コレは私の主観ですが)幸福感、本質が現れます。

「えええ?それが本質?!」って思いますよね?(笑)

そうなんです。だって、大いなる存在は、いつもどんな時も一緒にいるんですよ~!。

そう、この感覚を時間が許す限りたっぷり味わってみましょう。

さぁ~どんな気分になりますか~♪

こんな風に思考や感情を眺めるクセをつけると、大きな気づきにつながることもあるのでおススメです!


コメント

タイトルとURLをコピーしました